災害情報をリアルタイムで共有することで、状況認識の統一および意思決定を行い、住民の確実な避難行動を支援する総合防災システムです。

 私共は、職員だけでなく、関係機関や住民からの被害情報等をリアルタイムで共有を行い、応急対策活動に寄与する仕組みをインターネットを活用したクラウド型の総合防災システムとして提供いたします。

 また、被害情報だけでなく、地震・津波・気象観測情報や、避難発令、避難所等を『状況図』や『行動図』として地図上にリアルタイムで可視化し、各部署(担当・関係機関)への依頼・調整、状況判断を支援する仕組みと運用モデルをご提案いたします。

プロダクトの特徴

 全国自治体シェアNo1総合防災情報システムとして、全国の被災・先進自治体様での数多くの“現場の声”を取り入れ、現在も多数の自治体様で導入・実災害で運用いただいています。EYE-BOUSAI🄬は3つのパッケージを主軸に展開しています。

 都道府県モデル(Pref)/市区町村モデル(City)のパッケージに加えて、各種オプション機能のカスタマイズやシステム連携の拡張などご要望に応じたシステムをご提供します。LITE版市区町村モデル(City LITE)は、これまで全国で利用されているシステムをオールインワンの低価格パッケージとしてご提供し、必要な機能を安価かつ短期間で導入いただけます。

プロダクトの機能
リアルタイムな情報をもとに状況認識の統一・意思決定支援
  • 被害状況の共有をリアルタイムで行うことで、迅速な応急活動への対応が可能。
  • 災害現場から簡単に被害情報や避難所の状況がリアルタイムに共有可能となるモバイルアプリにも対応。
  • 表示したい情報だけを地図上に表示し、迅速な状況把握→対処活動が可能。
  • クロノロジーに全ての情報を集約することで、検索機能で必要な情報だけをすぐに参照が可能。
  • 避難発令判断支援機能を有しており、避難推奨地区を自動判定し、迅速確実に避難発令や避難所運営等の判断支援にも対応。
災害に強いクラウドサービス

 職員様が災害対応業務に専念でき、止まらないシステムを追求し、実災害でも多数運用頂ける仕組みをご提供します。

  • 専用端末がいらず、Webブラウザのみで利用可能なパブリッククラウドに対応したサービス。
  • 万一のネットワーク不全時は、オフライン機能やExcel入出力機能を利用した対応が可能。接続後に簡単にデータ取込みも可能。
  • モバイルアプリのオフライン対応も用意。
  • 大規模災害にも耐え得る稼働率99.9%以上の強固なデータセンターによる耐災害性の確保
  • 個人情報などのデータ保護や暗号化を通じて、高い機密性を確保したクラウド基盤を採用
業務の変更に対応できる成⾧型システム

 平時の研修や防災訓練、実災害での実際に使用された後にアンケート等を行いながら、各自治体のお客様の声を聴きながらパッケージのバージョンアップを行っていきます。

 全国の様々な災害対応を経験し、被災自治体様、先進自治体様、各実証などから、実災害での経験や課題及び改善・強化要望を頂き、実運用モデルや強化機能とともに、継続的にパッケージのバージョンアップを実施しています。

参考動画

Coming Soon

参考事例

Coming Soon

注1.「D-Resilio」は株式会社NTTデータの商標です。TM and © 2021 NTT DATA CORPORATION. All rights reserved.
注2. その他記載された製品名などは、各社の登録商標あるいは商標です。